グルテンフリー,  サラダ,  ベジタリアン/ヴィーガン

体が喜ぶワインのお供
赤キャベツとプルーンのサラダ

美味しくて華やかなだけでなく、体も喜ぶこちらのサラダ。
キャベツに含まれるビタミンU(別名キャベジン)には、傷んだ胃粘膜の修復を助けたり、潰瘍に効く働きがあります。肝臓の機能を助ける働きもあると言われおり、ワインのお供にもぴったりです。
硬いイメージの赤キャベツは、しっかり揉むことによって食材とも絡みやすく、プルーンとの相性もよくなります。

<材料>
-紫キャベツ   
1/2個     
-プルーン    5個   
-パセリ     少々
-塩       小さじ1    
-エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1     
-ブラックペッパー  少々  
-アーモンドスライス お好みで      

<作り方>

①紫キャベツを千切りにして塩をふり、揉む。

②5分ほど立って水が出てきたら絞る。

③1cm角に細かく切ったプルーン、みじん切りのパセリ、オリーブオイル、ブラックペッパーを和え、お好みでアーモンドスライスをかけたら完成。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です